髪質は薄毛に関係ある?

髪質は薄毛に関係あるのか?

 

髪質と薄毛に関連性はあるのでしょうか?

 

くせ毛は薄毛になりやすい?

髪質による薄毛のリスクに
関しては昔から諸説あります。

 

ではくせ毛はどうでしょうか?

 

もしかすると
くせ毛はハゲないというのを
聞いたことがあるかもしれません。

 

しかしこれに関しては、
医学的な根拠はないようです。

 

くせ毛はなどの髪質は
遺伝的な要素に大きく左右される、
ようです。

 

くせ毛の形状の原因は、毛根の形に
関係するという説と毛髪の成分が
関係するという説があります。

 

最近は、実際は毛根の形状からくると
されています。

 

髪の毛が生えてくる段階で
頭皮内(毛根内)で歪まなければ直毛、
歪みが生じればくせ毛になります。

 

つまり毛根に何らかのくせがあれば
くせ毛として生えてきます。

 

しかし、この毛根の形状(くせ毛)が
薄毛に関係するかと言えば
そうではないようです。

 

毛根の形状(くせ毛)が薄毛になる
要素にはならないようです。

 

髪質など、遺伝的な要素による
髪質や太さ、毛髪色などは
それ自体は抜け毛には関係ありません。

 

むしろ、その変化(髪質が細くなって
来たり、髪質が変わってきた等)による
抜け毛や薄毛の予兆を感じることが重要です。

 

あるいは、頭皮の状態を見るべきです。
フケが増えた、発疹などが出来た、
抜けた髪に細いものが増えた等

 

従来からの頭皮や髪質に対して
敏感になるべきです。

 

またストレートだったものが
くせ毛になって来たなど
髪質の変化に注意すべきです。

 

毛根の詰まりやシャンプーなどの
すすぎ不足から来る場合もあります。

 

髪質の変化は薄毛のチェックサインに
なることもあるので注意してください。

 

さらには体調管理に気を配るべきです。

 

身体が健康でなければ
元気は発毛に繋がらなくなります。

 

頭皮への負担に注意

最近は、くせ毛を気にして、
ストレートパーマや縮毛矯正などを
行う方も増えています。

 

また、ドライヤーで強い熱風で
髪の毛を伸ばしている方も
いらっしゃいます。

 

むしろこういった行為の方が
頭皮に負担をかけ、やがては
薄毛に繋がる原因にもなります。

 

くせ毛は薄毛にはならないと
油断していると、思わぬ事態に
繋がることもあります。

 

俗説を惑わされず、しっかりと
知識を身に付けましょう。

 

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら