帽子は薄毛の原因?

帽子は薄毛の原因?

今から30年も昔になります。

 

親がハゲているプロ野球選手を見て
あれはいつも帽子をかぶっているせいだと
言っていた記憶がよみがえります。

 

はたしてそうなのか?

 

帽子は頭皮に良くないのでしょうか?

 

いわば常識のように
帽子はムレるから、頭皮を押さえる
ことになるから血行を悪くする、

 

などと言われ続けていたように
思います。

 

あなたは帽子に対するイメージは
どうでしょうか?

 

実は最近は帽子と薄毛の因果関係は
あまりないと言われるようになっています。

 

帽子程度の頭皮への負荷で異常を
起こすようなことはないようです。

 

冒頭の野球選手の話ですが
もし帽子が薄毛の原因なら、
野球選手は薄毛だらけです。

 

つまり、帽子は薄毛の原因ではないと
言うことですね。

 

帽子をかぶる程度での
ムレによって炎症を起こしたり
痒みが生じたりする場合は別ですが

 

帽子は夏場は頭頂部を紫外線から守り
逆に冬は頭皮を寒さから守り
血行不良を防ぐなどの働きをします。

 

正しくかぶれば、むしろ抜け毛や
薄毛の予防になります。
安心してかぶってください。

 

以下のようなケースはご注意を。

汗を大量にかくような時に
 通気の悪い帽子をかぶる

 

長時間かぶりっぱなし

 

これらは、ムレと同時に皮脂の分泌を
促進させ雑菌を繁殖させやすくします。

 

汗をこまめに拭き、室内では帽子を
取って頭皮の換気をしましょう。

 

夏場は通気性のよい帽子を選ぶよう
心がけるといいでしょう。

 

サイズの合わないキツイ帽子

 

締め付けが強いもの

 

これらは血行を悪くします。
きつくない、サイズのあったものを
かぶりましょう。

 

頭皮や毛髪に刺激(こすれるなど)を
 与えてしまうもの

 

頭皮や毛髪にダメージを与えることは
傷や炎症、頭皮環境を悪化させますね。

 

頭皮の刺激を与えないような素材で
できたものなどを選ぶようにした方が
良いでしょう。

 

帽子自体も清潔に

帽子は頭皮や毛髪に直接
触れるものです。

 

汗や皮脂が付着し、雑菌も
発生しています。

 

帽子をかぶらない時は、風通しの
良いところで保管しましょう。

 

また、マメに洗うなど清潔に
保たれるようにしましょう。

 

 

 管理人の経験上、頭皮ケアに最も有効なシャンプーはこちら