その他の脱毛症1

抜け毛の毛根チェックでは
様々な抜け毛の毛根の状態について
説明しました。

 

ここでは脱毛症の種類について説明します。

 

薄毛・抜け毛の改善には毛根の状態と共に
あなたがどういったタイプの脱毛症なのかを
知ることが重要です。

 

脱毛症のタイプがわかればその原因を知ることができ、
結果その脱毛の原因を取り除く事が可能になるからです。

 

薄毛・抜け毛の対策には重要なことですので、
ここではその脱毛症の種類について説明します。

 

ストレス性脱毛症

 

ストレスが抜け毛の原因になることがあります。
時に円形脱毛症の原因となることもあります。

 

ストレス性脱毛症は神経性脱毛症ともいい
ストレスによって自律神経の乱れや
頭皮への虚血などによって脱毛が起きている状態です。

 

ストレスによって脱毛症が起きているので
その原因を取り除くことが重要です。

 

円形脱毛症

 

円形脱毛症にも様々な種類や原因が存在します。

 

短期間の間に円形に脱毛し、
男女年齢問わず誰にでも起こる可能性があります。
それは前触れもなく突然起こります。

 

一般的には2〜3cmの円形脱毛が
円形脱毛症と言われていますが、

 

症状が進行すると頭皮の広い範囲や頭皮全体、
体の他の部分の体毛や
体全体の毛が抜けてしまうこともあります。

 

円形脱毛症は、ストレスや精神的なものが
原因だといわれていますが

 

毛髪や毛根を免疫機能が異物と判断して起きるなど、
自己免疫機能になんらかの異常が
原因になっているとも言われるになっています。

 

あるいは肩こりや首のこりなどから来る
末梢神経異常によるものという考え方もあるので、
円形脱毛症とひとことで言っても様々な原因性が考えられます。

 

同時に他の脱毛症と発症したり、
悪性や病的なものになると長期間の治療が必要に
なったり回復が困難になってくる場合もあるので、

 

いずれにしても円形脱毛症が疑わしい場合は、
専門医への早期受診をおすすめします。

 

細菌性脱毛症

 

細菌によって起こる脱毛症になります。
 
円形脱毛症の原因にもなることがありますが
多発性脱毛症という、複数の個所に現れることもあります。

 

脱毛症としては治療に時間を要するタイプですので
円形脱毛症同様、専門医への早期受診をおすすめします。

 

老人性脱毛症

 

加齢・老化によって細胞の活動が低下し、
徐々に毛髪が薄くなってくる脱毛症です。
 
高齢になっていくと男女に関わり無く
頭部全体を含む全身の毛が薄くなっていきます。

 

個人差はありますが、
老化により多くの人に見られる自然現象です。

 

毎日に生活習慣や食生活、頭皮ケア、
ヘアケアによってできるだけ長く健康な髪を
保つことはできると考えられます。

 

男性では 男性型脱毛症と併発することが多いようです。
頭皮が乾燥して血管が透けて見えるという特徴もあるようです。

 

 

 管理人の経験上、頭皮状態を健康に保つのに有効な育毛剤はこちら

 

 管理人の経験上、頭皮ケアに最も有効なシャンプーはこちら