そのシャンプー安全?

そのシャンプー頭皮に対して安全ですか?

 

シャンプーは高級アルコール系シャンプー、
石鹸系シャンプー、アミノ酸系シャンプー
などに
分類されると言う点を「育毛シャンプーとは」で解説しました。

 

それ以上に頭皮に影響を与えているものとして、
化学成分が挙げられます。

 

シャンプーは言ってみれば洗剤ですので
様々な化学物質が原料として使用されています。

 

もちろん頭皮に良いものとして加えられているものもあれば
泡立ちや汚れ落ちのために加えてあるものもあります。

 

もともと油の汚れは油でないと落ちないという性質が
あるのですが、石鹸などの洗剤はその油汚れを落とすために
油と水を混じり併せて作られています。

 

ただしもともと水と油は混じりません。
そこでその水と油を混ぜ合わせるために界面活性剤というものは
使用されています。

 

この界面活性剤は自然由来のものと石油由来の合成系とに
分類されていて、コストや大量生産に向くことから
大半は安価な石油由来の合成系界面活性剤が使用されています。

 

界面活性剤が自然由来のものですと脂肪酸ナトリウムとか
脂肪酸カリウムといった成分が使用されています。

 

これは動物性の油脂から作れられていて
このような動物性の油脂が使われて出来ているのが
いわゆる石鹸です。

 

一般的に販売されている洗剤の多くに使用されている
合成系の界面活性剤ですが、その代表例が
ラウリル硫酸ナトリウムやラルリル硫酸塩です。

 

合成系界面活性剤は泡立ちもよく大量に安価に製造できることから
市販のシャンプーの大半はこの合成系が使用されています。

 

実はこの合成系界面活性剤が薄毛の原因になっているのでは
ないかと疑われています。

 

理由は様々ですが、ひとつは必要以上に皮脂を落とすことから
本来必要な皮脂まで落としてしまい、その結果その皮脂を補おうと
過剰に皮脂分泌が行われ、結果毛穴を詰まらせてしまう、

 

そういった頭皮環境を悪くする原因のとされています。

 

また頭皮への刺激や、頭皮に成分が残留することで
悪影響を及ぼすとも言われています。

 

フケ、毛穴の炎症などを引き起こし抜け毛に繋がっているという
見方もされています。

 

CMなどでよくキューティクルに良いとか髪の指通りを滑らかにとか
ツヤがどうとかという事が謳われていますが、これはあくまで
頭皮に対するものではありません。

 

返って頭皮にはよくないものもあるのではないでしょうか。

 

そういった意味でも、頭皮や薄毛の改善の第一歩としては
アミノ酸系のシャンプーをおすすめします。

 

過剰な刺激や皮脂の洗いすぎを防ぎ、頭皮環境を整えて
薄毛の改善や育毛の促進の土壌を整えることに繋がります。

 

頭皮や薄毛改善のためのシャンプーを利用されることを
おすすめします。

 

 頭皮にやさしいおすすめシャンプーNo.1