毛髪のために控えたい物2

毛髪のために控えめにした方が良い食材2

 

毛髪に良い物を紹介しましたが、
反面控えた方がよい食材もあります。

 

毛髪にとってよい食べ物が
身体によい食べ物であると同時に

 

毛髪にとって控えた方が良い物は
身体にとっても控えた方が良いものと
言えるでしょう。

 

アルコール

アルコールの取り過ぎは肝臓に影響します。

 

アルコールの分解は肝臓でなされますが
その分解には大きなエネルギーを必要とします。

 

また深酒は肝臓に大きな負担となり
働きを弱めてしまいます。

 

肝臓はタンパク質の代謝に大きく
関係しており、その肝臓がアルコールの
分解で疲弊することで影響が出ます。

 

結果、頭皮や毛髪に良くない影響
与えることになります。

 

別な意味では、深酒は不摂生にも
繋がるでしょう。

 

睡眠不足や入浴などもおざなりになるなど
頭皮の不清潔にも繋がります。

 

健康のためにも、頭皮や毛髪の
ためにも飲み過ぎには注意してください。

 

ただしストレスになるほどの我慢は
違った意味でよくありませんので
お酒とは上手にお付き合いしてください。

 

タバコ、刺激物

タバコはニコチンが含まれています。

 

ニコチンは血管を収縮させます
当然頭皮の血行にも悪影響を与えます。

 

血行が悪いと毛髪に必要な
栄養が供給されにくくなります。

 

また、病気の元になる活性酸素
増やして身体にも良くありません。

 

活性酸素は細胞を傷つけ、老化や病気の
原因にもなります。

 

またタバコを吸うとニコチン酸や
一酸化炭素の影響で大量のビタミンC
ビタミンB12を消費してしまいます。

 

頭皮と毛髪の健康に必要な
ビタミン類の不足に繋がるので
タバコも控えていただきたいところです。

 

睡眠

睡眠不足は健康にも良くありません。
育毛は健康な身体があってのことです。

 

睡眠不足は自律神経のバランスを崩し
体調不良に繋がります。

 

また、睡眠不足は成長ホルモン
分泌に影響します。

 

成長ホルモンとは、骨や筋肉、血液、
細胞などの成長や生産に関係しています。

 

また新陳代謝を活発にして
ダメージを受けた細胞などの修復
するのに必要です。

 

毛髪にも重要で、成長ホルモンによって
毛母細胞が活性化されます。

 

成長ホルモンは、午後10時〜午前2時
最も盛んに分泌されます。

 

しかしその時間に眠らないと、
どれほど毛髪のために栄養を採っても
それを生かすことができません。

 

睡眠時間も含め、規則正しい生活が
重要ですね。

 

現代は、昔に比べると薄毛人口が増えて
いると言われていますが、やはり生活の
乱れも大きいかもしれませんね

 

眠ることは毛髪にとって大切ですね。
質の良い眠りを取るよう
心がけていただきたいです。

 

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら