毛髪のために控えたい物

毛髪のために控えめにした方が良い食材

 

毛髪に良い物を紹介しましたが、
反面控えた方がよい食材もあります。

 

毛髪にとってよい食べ物が
身体によい食べ物であると同時に

 

毛髪にとって控えた方が良い物は
身体にとっても控えた方が良いものと
言えるでしょう。

 

控えめにしたい物

脂っこいもの(脂肪分)

肉の脂身、揚げ物、中華料理など。
一般的にも健康のため控えた方がいいと
言われていますよね。

 

脂肪分の取り過ぎは、皮脂過多に繋がり毛穴の
詰まりに繋がったり、コレステロールの増加に
血行不良に繋がると考えられるからです。

 

肉なども脂肪分の少ない部位とか
鶏ささみや魚などにするとか
工夫してみてください。

 

乳製品

栄養の部分では、毛髪によい食材と栄養素の
各ページでも毛髪に良い食材として紹介していますが
やはり取り過ぎはよくありません。

 

なぜなら、やはり脂肪分の取り過ぎ
繋がるからです。

 

例えば牛乳ですが、栄養価としてタンパク質
βカロチン、ビタミンB群などが摂取できる
食材です。

 

しかし、取り過ぎは禁物です。

 

元々日本人は牛乳を分解する酵素が
少ないらしく、胃腸の調子を崩す原因に
なりかねません。

 

バターやチーズなどは、過剰な摂取はカロリーと
乳脂肪分の取り過ぎに繋がります。

 

低脂肪タイプのものにするとか
摂取の仕方を工夫をするのも
良いかもしれません。

 

豆乳などに切り替えてみるのも
良いかもしれませんね。

 


マーガリンはバターとは違い
一般的に言うと乳製品ではありません。
動植物油脂を加工したものです。

 

最近は悪玉コレステロールを増加させると
言われるトランス脂肪酸の健康被害も
懸念されています。

 

添加物や塩分が多いもの

スナック菓子、インスタント食品など

 

栄養のバランスは
あまりよくありませんね。

 

また添加物など身体に良くないものが
たくさん含まれていることが
懸念されます。

 

一般的には塩分も多いので
気をつけたいところです。

 

健康な身体作りには、控えた方が
いいですね。

 

糖分

糖分の過剰摂取は皮脂の分泌を増やして
します懸念があります。

 

糖分を摂ると、その糖分を分解するために
大量のビタミンB群を必要とします。

 

ビタミンB群は、皮脂の分泌を
抑える働きがあり、またエネルギー代謝にも
重要ですが、

 

そのビタミンB群が、糖分の過剰摂取に
よって消費されてしまうと過剰な皮脂分泌を
促進してしまうことに繋がってしまいます。

 

頭皮には良い影響があるとは言えませんね。
フケの発生や毛穴の詰まりなどを
引き起こすので注意してください。

 

知らず知らず、清涼飲料水などは
つい飲み過ぎてしまいがちに
なりますので注意しましょう。

 

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら