やってはダメなシャンプー法

やってはいけないシャンプー法

育毛シャンプーのページでも
少し触れていますが、やってはいけな
いシャンプー法があります。

 

毎日使うシャンプーは、
その種類や使用法によって
薄毛・抜け毛の原因になります。

 

もしここで紹介する内容が
当てはまっているようでしたら
すぐの改善をおすすめします。

 


洗浄力の強いシャンプーを
使用し、時間をかけて念入りに
洗っている。

 

洗浄力の強いシャンプーは
頭皮に必要な皮脂まで落として
しまいます。

 

ある程度の皮脂は、頭皮を守る意味で
必要で、過剰に落とすと返って皮脂の
分泌を促してしまいます。

 

しかも長時間洗うことは、さらに
それを助長してしまいます。

 

一日に何度も洗髪することも
おすすめしません。

 

また、洗浄力の強いシャンプーは
高級アルコール系(この高級とは価値の
高い低いの事を言っていません)が多く、

 

成分には頭皮に刺激が強いものや
良くない成分が含まれていたりします。

 

それは頭皮を痛め、フケやかゆみ、
肌荒れを招いて脱毛の原因を作ります。

 

アミノ酸系の低刺激の物を使用し
優しく洗うことを心がけてください。

 


シャンプーをつけたまま
放置していることがある。

 

中にはシャンプーの洗浄力が
浸透し、汚れを浮き上がらせて
さらに汚れを落としてくれる、

 

そんな風に考える方も
いるかもしれません。

 

しかし、この行為もおすすめ
しません。

 

洗濯の浸け置きをイメージされて
いるのかもしれませんが
それは大きな間違いです。

 

シャンプーは速やかに洗い流して
洗浄成分が残らないようしっかりと
すすぎ流してください。

 


爪を立ててゴシゴシ洗う
爪が頭皮を傷付けたり、角質を
無理やりはがしてしまい、頭皮異常や
フケ、かゆみの原因を作ります。

 


ブラシなどを使っての洗浄
爪を立てて洗うのと理由は同じです。

 

正しいシャンプー法


ぬるま湯で、髪をしっかりと湿らせます。

 

できればシャンプーの前に、頭皮の汚れ、
ホコリなどをできるだけ洗い流して
おくようにするのが良いでしょう。

 

シャンプーは、一旦泡立ててから
使ってください。

 

直接頭皮に原液を付けるようなことは
避けてください。

 

泡だったシャンプーは、毛髪ではなく
頭皮に付けて洗ってください。

 

基本は全て指の腹を使って洗います。

 

洗浄は長時間ではなく、できるだけ
短時間で行ってください。

 

洗い方は、爪を立てず指の腹で頭皮を
もみほぐし血行を改善させるイメージで
頭皮全体をマッサージするように。

 


しっかりとすすぎます。
シャンプーの洗浄成分を
しっかり落としてください。

 

シャンプーのすすぎ残しが
薄毛の原因にもなります。

 

コンディショナーやリンスを
使用する場合、頭皮に付かないように
してください。

 

コンディショナーも頭皮のケアに
使用する頭皮用もあるので
目的に応じて使ってください。

 


お風呂からあがったら
すぐに乾かしてください。

 

髪の毛の水分を取る時も
タオルでゴシゴシ拭き取るのではなく
叩くようにすると良いでしょう。

 

なぜすぐに乾かすのか、ですが
髪の毛が濡れたままですと
毛髪を傷める原因になります。

 

また頭皮を冷やしてしまったり
湿ったままの状態ですと、雑菌の
繁殖にも繋がり不衛生です。

 

速やかにドライヤーなどで
乾かしてください。

 

その時も、熱風を頭皮に
当てすぎて刺激にならないないよう
注意してください。

 

 

 管理人の経験上、頭皮ケアに最も有効なシャンプーはこちら