なぜ人に毛髪が必要2

そもそもなぜ人に毛髪が必要

 

そもそもなぜ人だけに毛髪が
あるのか

 

もっと言うと、なぜ人に毛髪が
必要なのか?

 

当サイトでは、薄毛になる
理由や原因、様々な症状、
またそれを防ぐ方法や薄毛の対処法、

 

また健康との関係などを
ご紹介してきました。

 

ですが、なぜ毛髪が人にだけ
あるのか、なぜ必要なのか、

 

その理由については、ウェブサイトを
見回してもなかなか紹介されて
いないのではないでしょうか。

 

なぜ人にだけ頭髪という状態で毛髪が存在しているのか。

 

なぜ人にだけ頭髪という名の毛、
つまり毛髪があるのでしょう?

 

毛髪に悩みを抱えていない時は
このようなことを考えることも
ないのではないでしょうか?

 

人は失ってみてはじめてその必要性や
ありがたみを感じるものです。

 

毛髪の役割のひとつには直射日光や
紫外線から頭皮を守り、体温調整を
行って頭部を守る役割が挙げられます。

 

温度変化から頭を守る役割ですね。

 

さらには、物理的な衝撃から
頭を守る役割が考えられるでしょう。

 

また、外部の変化を感じるセンサーの
役割があります。

 

毛髪には神経は通っていませんが
風に揺れたりするのが分かりますよね。

 

実は毛髪は臓器のひとつ

 

そして毛髪にはさらに解毒、
つまりデトックスという
重要な役割があります。

 

デトックスは薄毛にいい?2
でも解説していますが、

 

人間は様々な方法で体内に入ってきた
毒素を体外に排出しています。

 

便、汗、体毛、そして毛髪を通じて
排出しています。

 

つまり毛髪はデトックスという
健康維持に欠かせない機能を
もっています。

 

水銀やカドニウム、鉛、アルミニウムなど
健康に害を及ぼす重金属類、

 

ヒ素などの有害物質などを排出する
重要な器官という側面も持っています。

 

ですので、水銀やカドニウム、鉛などの
重金属中毒や薬物中毒の際の
分析では毛髪を調べます。

 

中毒物質や有毒物質が毛髪に
含まれているかどうか
その濃度を調べます。

 

このことからもデトックスにおいて
毛髪が果たす役割と重要性が
分かるでしょう。

 

また毛髪を調べると、その人が
普段どんな食生活をしているか、

 

どのような生活習慣をしているかも
分かるようになっています。

 

病気(例えばがん)などの早期発見
にも毛髪は役立っているようです。

 

頭髪が存在する意味

 

他の動物では全身の体毛が担っている
役割が、人間の場合はほぼ頭髪に
集中しています。

 

人のもつ毛髪は、他の動物にくらべ
太く、長く、色も濃く多くの
メラニン色素を持っています。

 

なぜメラニンを多く含んでいるのか?

 

体内に取り込まれた重金属類は
メラニンに結合しやすい特性
あるようです。

 

毛髪の毛母細胞の増殖速度は
非常に早く、摂取された重金属類は、
毛髪に濃縮され体外に排出されていきます。

 

このことから毛髪は有害物質などを
排出する重要な器官ということがお分かり
いただけるのではないでしょうか

 

そう考えると、

 

薄毛の方はそうでない方と比べると
デットクス能力が低下していることも
考えらます。

 

やはり、そういった観点からも
薄毛の改善は必要ですね。

 

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら