毛深い人はハゲやすい?

毛深い人はハゲやすい?

毛深い人はハゲやすいとよく聞きます。

 

胸毛が濃いとか、ひげが濃いと
薄毛になりやすいと言われますが

 

おそらく男性ホルモンが強いイメージに
繋がっているのでしょう。

 


ここで言う男性ホルモンとは
男性ホルモン=
ジヒドロテストステロン(DHT)を指します。

 

男性ホルモンが強い=薄毛になりやすい、
ということでしょうか。

 

ただし必ずしも体毛が濃いからと言って
必ずしも全員にあてはまるわけでは
ないようです。

 

薄毛の要因は、

 

男性ホルモンの量より毛母細胞などが
男性ホルモンの影響を受け発毛が阻害
されてしまうことです。

 

その男性ホルモンの影響を受けやすい人、
つまり男性ホルモンに対する感受性が高い人が
薄毛にもなりやすいようです。

 

つまり男性ホルモンの量ではないようです。

 

(しかし中には男性ホルモンに対する
感受性が弱くても、男性ホルモン量に
よって薄毛になる人もいるようですが)

 

ただし、普段から薄毛にならないよう
生活環境や食事、睡眠などに気を使って
生活するように心がけてください。

 

性欲が旺盛な男性は薄毛になりやすい?

これも男性ホルモンが強いイメージから
来る説ではないでしょうか。

 

実は性欲の強さと薄毛の因果関係は
実はあまり無いと考えられます。

 

男性ホルモンが強い
=性欲が旺盛=薄毛に繋がる
というイメージなのでしょうか。

 

つまりそこから性欲が強い男性は
薄毛になりやすいという説が
生まれたのでしょう。

 

しかし現段階では、明確な因果関係を
示すものはないようです。

 

中には、精液にはタンパク質と
亜鉛が含まれていて、
それが消費されるからではないか

 

と推測する人もいるかもしれませんが
頭皮や毛髪の状況に強く影響を
与えるほどのものではないようです。

 

確かに薄毛には男性ホルモン
(ジヒドロテストロン=DHT)が
関係していますが、

 

しかしその量より、毛母細胞等の
男性ホルモンに対しる感受性などの
問題が大きいのではないでしょうか。

 

さらに男性ホルモンは性欲だけではなく
様々な場面で分泌されます。
そして骨や筋肉などの形成にも必要です。

 

あまり性欲の強さと薄毛の因果関係は
気にしない方がいいかもしれません。

 

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら