薄毛や抜け毛のシグナル

薄毛や抜け毛のシグナル

薄毛にはある日突然起きるわけではありません。

 

朝起きたらいきなり薄毛になっていると
いうわけではなく
日々そのシグナルが出ています。

 

そのシグナルは初期段階は
目に見えずに進んでいます。

 

自覚症状を感じた状態はかなり進行していると
言えるでしょう。

 

では、そのシグナルをどのように察知し
対処すればいいのか。

 

まず頭皮の状態を確認することを始めてください。

 

頭皮全体の毛髪本数と毛髪の密度

 

人の頭髪の本数は約10万本あるとされていて
1平方cm(1cm四方)当たりの毛髪本数は
150本と言われています。

 

もちろん個人差はあってもっと多い人もいます。

 

頭皮が健康な状態で、
1つの毛穴からおおむね2〜4本の毛髪が生えています。

 

同じ毛穴から数本の毛髪が生えていたとしても
毛母細胞の活動は別々であるようです。

 

それぞれの毛髪でヘアサイクルも異なっていて、
細い毛もあれば太い毛も
混在して生えています。

薄毛や抜け毛になると

 

1平方cm当たりの毛髪本数が60本になってくる。
軟毛、細毛が割合増えてきて1平方cm当たり35本にもなる。
ヘアサイクルの退行期に当たる毛髪の割合が多くなって来て

  通常の70%以上の割合になってくる。

1本毛の毛穴の割合が通常の3倍以上になってくる。

  必然的に毛髪量も充実した感じが減少してくる。

 

頭皮に毛穴を見てみる。

 

自分の頭髪を自分でみるということはなかなか難しいですし
さらに近接な距離で見ることはもっと難しいです。

 

ですが、おおまかに頭皮の状況をみることは可能です。

 

どうするのか?

 

それはデジカメや携帯に付いているカメラで
撮影してみるということをやってみてください。

 

(最近は高画質になっていて
かなりキレイに撮れるのではないでしょうか)

 

毛穴が目立っていれば、
そういった写真でも確認は可能だではないでしょうか。

 

どんな毛穴がよくない状態なのか、ですが

 

毛穴が大きく(すり鉢のように)開き、
毛髪が刺さるように生えている状態になっている。

 

言葉ではイメージしにくいかもしれませんが、
こういう状況にある頭皮は
上記の表現にまさしく当てはまる状態ですので、

 

「あ、こういうことか」と理解できるでしょう。

 

ご自身で頭皮を撮影されても、
毛穴が大きく目立つのでわかると思います。

 

もし上記のような状態が確認できたら
育毛・発毛対策を始めてください。

 

早ければ早いほどよいでしょう。

 

進行するほど改善は難しくなってきますし
時間も長引きます。

生活環境・食生活の改善
ストレス解消や軽い運動をする
シャンプーなどの見直し
育毛剤などの使用の検討

 

 

これらをすぐに始めてください。

 

 管理人の経験上、頭皮状態を健康に保つのに有効な育毛剤はこちら

 

 管理人の経験上、頭皮ケアに最も有効なシャンプーはこちら