副作用について

育毛剤の副作用について

 

世の中には数多くの種類の育毛剤が
紹介されています。

 

そして育毛剤の効果には個人差があります。

 

頭皮環境や薄毛・抜け毛の原因、体質によっても
効果にが差や違いがあります。

 

ひとつですべての人に効く育毛剤は
基本的にないと思っていいと思います。

 

数ある中から使用する育毛剤を
選んで行くわけですが、
やはり気になるのは
育毛剤の副作用です。

 

育毛剤の中には抜群の効果がある代わりに
副作用が出る育毛剤もあります。

 

効果にばかり目を向けるのではなく、
副作用の事も頭にいれておきましょう。

 

副作用に関しては個人差もありますので、
全く感じない方もいれば
副作用が出てしまう方もいらっしゃいます。

 

 

 

基本的には決められた用法を守って
使用していればその多くは問題ないものですが

 

間違った用法などをしている場合には
危険性もともないますので注意が必要です。

 

ミノキシジル系育毛剤

ミノキシジルは元々高血圧に対する薬として開発されています。
その薬を服用している方に発毛効果が認められたことから育毛剤へ
転用されたものです。

 

副作用としては、頭皮にかゆみや頭痛、胸の痛みや動悸、不整脈、
性欲減退、性的不能などの障害などが挙げられます。

 

ミノキシジルは一般医薬品育毛剤ですので医薬部外品よりも効果が
期待できる分、副作用のリスクも高まります。

 

またミノキシジルは、元々高血圧薬ですので低血圧の方は注意が必要です。
ミノキシジルは使用中は脱毛を止めることが可能だが、使用を止めると
再び脱毛が起こり始めます。

 

つまりミノキシジルで止めた脱毛は、その中止によって
再び脱毛を始めるということです。

 

また授乳中の方は、その成分が母乳に移行するため使用は厳禁です。

 

※育毛剤としてのフェナステリド(プロペシア)も医薬品系です。

医薬品以外の育毛剤

無添加系の育毛剤など、医薬品ではなく天然成分でつくられていて
医薬品系の育毛剤と比べると副作用の心配がないものありますのでおすすめです。

 

中には副作用の心配なく、「BUBKA」や「M-1」といった

発毛力を発揮するものも

ありますのでおすすめです。

 

※頭皮に炎症やかぶれなど異常があるままの使用や、肌質にも個人差が
 ありますので肌質に合わないなどの場合には使用を中止してください。

 

※医薬品と医薬部外品(薬用といわれるものも含む)は違い
 医薬品とはいわゆる治療などを目的とした薬です。

 

 

安心して使える育毛剤は

 

 おすすめ男性育毛剤No.1