どんな種類がある?

育毛剤の種類にはどんなものがある?

 

 

育毛剤にはたくさん種類があります。

 

目的や機能はそれぞれ違いますので、
ここで分かりやすく分類してみます。

 

 

 

 

まず薄毛の原因別に分類してみます。

男性ホルモン抑制型

男性型脱毛症は、男性ホルモンが大きく影響しているとされています。
男性ホルモン、テストステロンが5αリダクターゼ酵素によって
デヒドロテストステロン(DHT)に変わり脱毛症状を起こすと言われています。
男性ホルモン抑制型育毛剤は、5αリダクターゼの働きを抑えDHTを
作らせないようします。

女性ホルモンを含むものも含まれます。

血管拡張型

血管を拡張させる作用で頭皮の血行を良くするタイプ。
血液の流れを良くして髪の毛を生成をする毛母細胞に必要な栄養を補給することで
育毛効果を得ます。

 

このタイプ血管を拡張する作用がによって血流を良くしますので
人によって血圧が下がる場合があるため、
低血圧の方や高血圧薬を服用されている方は は注意が必要です。
(リアップやミノキシジル成分などがそれです。)

毛母細胞活性型

毛母細胞が活発に活動するようにしていくタイプです。
毛根に直接働きかけ、毛母細胞休眠している状態から覚まさせ発毛を促進します。
毛母細胞に栄養(ペンタデカンなどが有名ですが)を与えるなどの作用によって
発毛を促していきます。

頭皮環境改善型

頭皮環境を正常な状態にすることで発毛・育毛効果を得るタイプです。
薄毛・抜け毛に悩む方の多くに頭皮に何らかの異常があることが分かっています。

皮脂抑制型

頭皮の過剰な皮脂を抑えるタイプです。
頭皮の余分な皮脂によって毛穴が詰まると育毛にもよくありません。
余分な皮脂を抑えて頭皮を正常な状態にしていきます。

これらは35歳〜60歳まで中年と言われる方の

頭頂部の脱毛にはある程度有効だと思われるにですが、
20歳代の若年層には効きにくいと言われています。

 

主に若年層における薄毛・抜け毛の原因の多くが、
生活や食生活の不摂生・ストレスなどに
よるものが多いと言われているからです。

 

若年層は生活環境などを見直すだけで
改善されることも多いので、
まずは生活環境の改善を試みてください。

 

もちろん、生活環境の改善は育毛・発毛を
目指す全ての人にとっては重要なことです。

 

頭皮環境の改善は、
生活環境が悪い難しいと思いませんか?

 

育毛剤や育毛シャンプーの利用に加えて、
生活環境も整えることをおすすめします。

 

※育毛剤は主に外用するタイプが中心ですが、
 商品によってはサプリメントとして体質改善などを目的に
 服用するタイプもあります。

 

※その他、いわゆる「飲む育毛剤」として
 プロペシア(成分名フィスナリド)が
 平成17年12月に厚生労働省より認可されています。
 特に頭頂部に薄毛に悩む方向けになります。
 医師の診断と処方箋が必要です。

 

 

 おすすめ男性育毛剤No.1