薄毛は遺伝によるもの?

薄毛は遺伝によるもの?

 

薄毛は遺伝だから仕方ないのか

 

昔から、薄毛や遺伝性が強いものと信じられてきました
果たしてそうなのか。

 

薄毛全てが遺伝の影響によるものではありませんが、
遺伝による薄毛というものは存在すると言われています。

 

男性型脱毛症(AGA)の場合、
遺伝的要素が強く関わっていることが分かっています。

 

男性の場合、母親の影響を受けやすいらしく、
母親が薄毛の場合にはその子供であるあなたも
薄毛になる可能性が高くなります。

 

両親ともに薄毛の場合はかなりの割合で
薄毛が遺伝する傾向にあります。

 

遺伝性が強い人の場合、
10代後半から抜け毛が増えてきて20代で薄毛が進行し
30代になるとほとんどハゲてしまうようなケースもあります。

 

しかしながら強い遺伝による薄毛は、
実は薄毛人口全体の約4%と言われていて

実はそれほど多くありません。

 

また遺伝的な部分も、多因子遺伝といって
一つ一つの現象や特性に対して
複数の遺伝子が複雑に関与していると言われ、

 

特定の遺伝子が一つの現象として
現れているわけではないようです。

 

つまり薄毛・抜け毛には
いろいろの要因があるということです。

 

両親や祖父母などが薄くても
男性の子に遺伝がでない場合も多く、
その確率は出ていないのが現状のようです。

 

残念ながら、強い遺伝による薄毛の治療は
難しい場合もあるようですが、

 

ほとんどの薄毛や抜け毛は強い遺伝性のものではなく、
治療や予防予防可能なもののようです。

 

なぜ遺伝説が信じられてきたのか。

結果論ですが、親子では一緒に住むなど
生活環境が同じことが多いからです。

 

一緒に住んでいれば、食生活や生活習慣は
似てくるでしょうし遺伝的な要素ではなく、

 

後天的要素による影響が
強く作用していることが考えられます。

 

結果父親と息子が薄毛になったとしても、
それは遺伝のように感じられても
しかたないことでしょう。

 

しかし前述した通り、遺伝的要素は
実は薄毛全体の中ではそんなに多くありません。

 

ただしです、

 

何もしなければ遺伝の傾向がある人は、
強い遺伝性がなくても薄毛や抜け毛になる
可能性もありますので注意が必要です。

 

別ページでも申し上げましたが、
まず生活習慣や食生活の改善と
頭皮環境の改善などが重要です。

 

薄毛の方の80%以上が
頭皮に問題を抱えていると言われています
ので
その改善は必要です。

 

また体内改善などを目的にサプリメントなどもよいでしょう。
そしてその上で育毛作業です。

 

まず頭皮の状態をチェックし、
頭皮にやさしい育毛シャンプーを用い、

 

抜け毛を進行させている頭皮環境を
回復させていきましょう。

 

育毛シャンプーはアミノ酸シャンプーが良いでしょう。

 

そして育毛剤を使用し根気よく育毛を
続けて行きましょう。

 

遺伝だからと決めつけないで、
本当に改善しない遺伝的な薄毛は

少ないということを理解して育毛を続けてみましょう。

 

 

まず生活習慣の改善が必要です。

 

そして、本当に改善しない遺伝的薄毛は
少ないことを知って
きちんとケアすることを始めましょう!

 

 管理人の経験上、頭皮状態を健康に保つのに有効な育毛剤はこちら

 

 管理人の経験上、頭皮ケアに最も有効なシャンプーはこちら