育毛シャンプーとは

育毛シャンプーとは(シャンプーの種類)

 

ひとことで育毛シャンプーといっても、
今はたくさんの種類が出ています。

 

一般的に育毛シャンプーとは
髪の毛の汚れを落とすだけでなく、

 

育毛促進成分や育毛剤の働きを助ける
シャンプーのことを育毛シャンプーといいます。

 

スカルプシャンプーともいい、
たくさんの種類の育毛シャンプーが発売されています。

 

 

スカルプとは「人間の頭皮」という意味があり、
まさしく頭皮の事を
考えたシャンプーのことをいいます。

 

一般的なシャンプーは

一般的なシャンプーは、キューティクルを整えるとか、
髪の毛に天使の輪ができるなど、

髪の毛の見た目を重点に作られています。

 

頭皮の状態をあまり意識していないので洗浄力が高く、
実は皮脂をとりすぎてしまう傾向にあります。

 

皮脂をしっかり取ってくれるのでいいじゃないか、
と思うわれるかもしれませんが

 

実は皮脂を取り過ぎると、それを補う為に
返って皮脂を過剰分泌させてしまって
いることに繋がっていることもあるのです。

 

場合によっては、頭皮を乾燥させやすくして
頭皮の肌荒れの原因になっているケースもあります。

 

育毛シャンプーは

育毛シャンプーは、
髪の毛を美しく見せることだけでなく、頭皮の健康を

保つことに重点が置かれて作られています。

 

薄毛・抜け毛に悩む方の80%以上の方に
頭皮の異常があることが分かっています。

 

皮脂の過剰な分泌や頭皮環境の悪化が
薄毛・抜け毛の原因の一因になっています。

 

そういった頭皮の状態に対応したシャンプーが
育毛シャンプーです。

 

皮脂が悪者なのか?

誤解を受けやすいのが、
皮脂がすべての元凶のように思われることです。

 

確かに薄毛・抜け毛の原因の一因として、
皮脂による毛穴の詰まりや皮脂の過剰分泌ですが、

皮脂が不要なわけではありません。

 

適度な皮脂はむしろ、
頭皮にとっては保護膜のような役目を果たしています。

 

頭皮を外部の刺激から守るなど
重要な役割を持っています。

 

皮脂は多すぎても、
過剰に取りすぎてしまっても頭皮にはマイナスです。

 

適度な量があることが望ましい状態です。

 

皮脂が多いと

頭皮の呼吸ができない
毛穴を詰まらせる原因になる
雑菌が増える
フケの原因になる

 

皮脂が少なすぎると

皮脂の過剰分泌の原因になる
頭皮の乾燥に繋がる

 

育毛シャンプー使う意味

つまり、育毛シャンプーを使う意味は
頭皮の皮脂を取り過ぎずに、
理想的な頭皮環境を作ることにあります。

 

頭皮の状態が良いと、結果として発毛など
髪の毛にとっても良い影響を与えます。

 

シャンプーの種類

現在市販されているシャンプーには
おおまか分けてに以下のようなジャンルのものが
販売されています。

 

シャンプーとひとことでいっても、そ
の特性は違いますので、
キチンと理解した上で使いましょう。

 

それが頭皮や髪の毛のトラブルを
減らすことにもつながってきます。

 

高級アルコール系

洗浄力は高いが皮脂を取り過ぎる傾向があり、
結果乾燥や皮脂の過剰分泌を
招いてしまう恐れがあります。

 

髪や頭皮に対する有刺激成分が入ってお
り刺激が強い傾向にあります。

 

石鹸系

高い洗浄力を持っています。
自然派、無添加の製品が多い。
アルカリ性で脱脂力が強いので髪がパサつきます。

 

アミノ酸系シャンプー

原料によって、合成アミノ酸系シャンプーと
天然アミノ酸系シャンプーに分かれます。

 

髪や頭皮と同様弱酸性で刺激が少ないシャンプーです。

 

髪の毛や皮膚などの人体に近い成分(アミノ酸)で
作られているので安全で安心。

 

高級アルコール系などに比べると洗浄力は弱めですが、
頭皮にうるおいを残して毛穴に詰まった汚れをのみ
を落としてくれます。

 

頭皮を健康な状態に保ち、
育毛環境を整いやすい傾向にあります。
他のシャンプーに比べると高価な傾向にあります。

 

 

 

それぞれ分類上の特性や商品ごとに
機能や洗浄力、泡立ち、コストなどが違うので、
自分に合ったものを使用していただきたいのですが、

 

一般的にはアミノ酸系のシャンプーが
頭皮や育毛には良いとされています。

 

 おすすめシャンプーNo.1