遺伝子検査3

遺伝子検査3

 

遺伝子検査はどこで受けられる?

 

さて、薄毛の傾向を引き継いでいるか
どうかの遺伝子検査をどうやったら
受けられるかですが、

 

その遺伝子検査の内容に関しては
かかりやすい病気の体質的な傾向や
難治性の病気にかかるリスクを調べる、から

 

あるいは肥満になりやすいかどうかの
体質を調べるなどの簡単な内容まで
幅広くあります。

 

法的な規制はまだ未整備の状況です。
(こういった対応は日本は遅いですね)

 

様々な団体からのガイドラインが
あるだけです。

 

ですので、ひとくちに検査と言っても
医師の指示に従って行われるものから
インターネットで申し込めるものまであり

 

手続きや価格等々は異なります。

 

男性ホルモン感受性の遺伝子検査に
関しては、現状いくつかのクリニックや
インターネットで申込むことが可能です。

 

当サイトでは、遺伝子検査の実施できる
具体的な機関やクリニック名に関しては、
ご紹介は控えさせていただきます。

 

まだ法整備が十分でないこと、
手続きや価格に開きがあること
などからです。

 

また遺伝子検査に関しては
その遺伝的個人情報に関することに
なってきますので、

 

その申込み方法についてお知らせしますので
遺伝子検査実施先はお調べの上、実施してください。

 

実際にはインターネットやクリニック等で申込み可能で、
価格に関してはクリニック系で受ける方が
若干高いようです。

 

しかし実際は、クリニックにしても
インターネット上に申込むにしても
実質は検査の受付をしているだけで

 

解析は専門機関が行っていること
大半なようです。

 

重要なのは、最終的にどこの
解析機関が解析を行っているかです。

 

その理由は、解析手法がどういった
手法なのかが機関によって違いがあって
その手法の科学的根拠も重要
だからです。

 

遺伝子検査を考える場合、
その解析機関とその手法、

 

そしてその手法と検査する
遺伝子項目はご確認してください。

 

また申込み先も、検査内容などについて詳しいか
どうかの確認も重要です。

 

遺伝子検査に詳しくないのに
検査を扱っているところもあるようです。

 

クリニックも同様で、遺伝子検査に
詳しくない医師もいるようです。

 

遺伝子検査そのものがまだまだ普及過程に
あり、実用され始めたのは近年です。

 

薄毛になっておらず、自分の遺伝的傾向に
ついて知りたいだけでしたら、

 

インターネット上で申し込んで
気軽に受ける方がいいかもしれません。

 

 インスリン抵抗性と薄毛の関係
薄毛と肥満の関係でも記載していますが

 

糖尿病の対して遺伝的な疾患リスクなども
合わせて調べるのも、健康管理の
観点からは良いかもしれません。

 

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら