遺伝子検査2

遺伝子検査2

 

私たちは遺伝子に支配されている

 

遺伝子検査の前に、遺伝子レベルの
相性について触れてみます。

 

最近テレビ等でも遺伝子については
取り上げられているのでご存知かも
しれませんが、

 

人と人との相性には、それを決定付ける
相性遺伝子というのがあるとのことです。

 

これは世界的な科学雑誌にも掲載
されていている話として、
知られている内容でもあるようです。

 

「この人とは何か相性が会うな」というのは
遺伝子レベルでもわかっていることだそうで
それは何かというと「匂い」だそうです。

 

知らない内に遺伝子レベルで
匂いが相性を決めているそうです。

 

テレビでも同様のことが
言われていましたが、その理由は
性質の違う遺伝子を求めるからだそうです。

 

匂いが同じだと遺伝子のバリエーション的に
狭くなっていくためだと考えられます。

 

つまり遺伝子が近いということは
病気やその身体的特性が似てくる
いうことになります。

 

つまり、かかりやすい病気や
遺伝的に弱いところなどが似てきて

 

結果的に強い子孫を残せないということに
繋がるということを避けるためなのでしょう。

 

我々は遺伝子に知らない内に
その行動も支配されている
いうことですね。

 

実際に研究における実験でも、異性同士で
匂いを嗅がせて、好きな匂いを選ぶという
実験を実施し、

 

そしてその結果、選んだ匂いの相手との
遺伝子を調べた所、

 

自分の肉親に近い遺伝子を持っている人は
相性がよくないことが分かりました。

 

テレビでは、いくら愛し合って結婚しても
遺伝子レベルで、匂いに対し次第に嫌悪感を
抱くようになってきて、

 

その匂いに対しては、愛情でどうにか
なるようなものではない、とのことのようです。

 

原因に対して自覚があるかどうかは別として
最悪、離婚の原因にもなっているようです。

 

最近は、様々な機関で遺伝子検査が
受けらます。

 

遺伝子検査に関しては、以外にも中国が
進んでいて、子供の才能を予め検査し
英才教育をするそうです。

 

それには賛否がわかれるところだと
思いますが、遺伝子検査はそこまで
来ているということですね。

 

 

 管理人の経験上、頭皮ケアに最も有効なシャンプーはこちら