遺伝子検査

遺伝子検査

 

薄毛は遺伝によるもの?
でも薄毛と遺伝について記載しました。

 

男性型脱毛症は必ずしも全てが遺伝の
影響によるものだけでなく、

 

多因子遺伝といって複数の遺伝子が
複雑に関与していて、

 

特定の遺伝子がひとつの現象として
現れているわけではないと解説
しました。

 

しかし、薄毛の遺伝傾向は
引き継ぎますので、薄毛になる可能性は
あるので注意が必要ともしています。

 

では、自分がどの程度薄毛になる
可能性があるのか調べることは
できないのでしょうか。

 

男性型脱毛症は
ジヒドロテストステロンが原因と
考えられています。

 

ジヒドロテストステロンは

 

5−αリダクターゼが男性ホルモンで
あるテストステロンに働きかけて
発生する物質です。

 

ジヒドロテストステロンは
テストステロンより強力な
男性ホルモンです。

 

薄毛の遺伝傾向を引き継ぎ
男性ホルモンの感受性が高い人
男性型脱毛症のリスクが高いと言えます。

 

そこでその遺伝傾向を遺伝子検査
知ることが出来るようです。

 

あくまで遺伝的リスクを知ると
いうことですので、それで全てが
解決するわけではありませんが、

 

例えば、男性ホルモンの感受性が
低いのに薄毛が進行している場合と
そうでない場合は、

 

その原因や対処は変わってくる
いうことですね。

 

遺伝子検査は、
男性ホルモン受容体遺伝子の
塩基配列を調べます。

 

それによって男性ホルモンに対する
感受性の強い弱いを見るわけです。

 

それによって、予防も含めて
様々な対処ができるようになります。

 

一般的には、男性ホルモンの
感受性傾向は母親側の遺伝子を
受け継ぐようです。

 

テストステロンに働きかけて
ジヒドロテストステロンに変化させつ
5−αリダクターゼの体内分布は

 

両親両方の物を受け継ぐようです。

 

しかし何度も言いますが
特定の遺伝子がひとつの現象として
現れているわけではなく、

 

様々な要因が重なりあっています。

 

リスクを知り、その対処を適切に行うと
いうことです。

 

薄毛の遺伝傾向を受け継いでいると
いって悲観してはいけません。

 

薄毛・抜け毛の多くは予防や治療が
可能なもののようです。

 

また普段の生活環境や食生活など
からも予防や進行を遅らせることも
可能なので、

 

しっかりとした知識を持って
刺激の少ないシャンプーや品質のいい
育毛剤などで対処して行きましょう。

 

遺伝子検査はどうやって申込むのか
こちらのページ(遺伝子検査3)で解説します。

 

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら