ヘアカラーの薄毛への影響

ヘアカラーの薄毛への影響

 

最近は、髪の毛を染めている人は
本当に増えました。

 

アヘカラーは頭皮に悪影響は
ないのでしょうか?

 

ヘアカラーの影響についてご紹介します。

 

ヘアカラーの頭皮への影響

一般的に、ヘアカラーの仕組みとして
どのように色が染まるのかですが、

 

毛髪の表面にある毛表皮
いわゆるキューティクルを開き、
染料を染み込ませます。

 

結果、毛髪の色の元のメラニンが
分解して脱色状態になり、染料によって
染料が定着し色が染まります。

 

結果、キューティクルが痛むだけでなく
染料や科学薬品によって毛髪に
ダメージを与えます。

 

さらに薬剤は頭皮にも触れますので
結果頭皮にも悪影響はあると言えます。

 

毛髪を染めるひとつの方法として
ヘアマニキュアという手法もあります。

 

こちらは、毛髪の表面をコーティングすると
いう方法なので、ヘアカラーのように
脱色する必要がありません。

 

毛髪にはヘアマニキュアの方がダメージは
少ないようですが、

 

コーティングした色素が落ちるとき、
キューティクルまではがしてしまう
ことがあるようです。

 

そうなると毛髪的には、コシや張りが
失われることになりなりかねません。

 

いずれの方法にするしても、薬剤による頭皮への
ダメージは避けられないようです。

 

薄毛に悩む方は、できればカラーリングと
いう行為そのものを避けて欲しい所です。

 

どうしてもカラーリングを楽しみたい場合は
それを最小限に抑えるようにしてください。

 

カラーリングの種類によるダメージに
ついてご紹介しますので目安にしてください。

 

カラーリング方法の種類

 

ヘアブリーチ

毛髪のみならずもっとも頭皮に
ダメージを与える手法です。

 

明るい色にしたい場合に向いている
方法ですが、毛髪や頭皮の事を
考えるとおすすめできません。

 

ヘアカラー

白髪も染めることができ、色持ちも
しますが、ブリーチとまでは言いませんが
毛髪と頭皮にはダメージがあります。

 

ヘアマニュキュア

ヘアカラーよりはダメージは少ないです。
色落ちはやや早いと言えます。

 

色落ちの際、キューティクルを
はがしてしまう恐れがあります。

 

男性はあまり馴染みがないかも方法かも
しれませんが、

 

ヘアマニキュア

一時的な白髪染めなどに有効な方法。
女性がまつげにマスカラを塗るような
感じで使用する。

 

シャンプーで落ちるので
ダメージは少ないと言えます。

 

天然素材を使用したヘナ

毛髪にも頭皮にもダメージは少なく
毛髪にハリやコシを与えることができる。

 

天然素材がゆえ、染まり具合にが
個人差が出やすいかもしれません。

 

 

望む色合いなどはどの程度かにもよりますが、
毛髪や頭皮へのダメージと相談の上
カラーリングは行ってください。

 

また上記のように
カラーリング方法も種類はさまざまですので
よく検討の上、方法も選択してください。

 

パーマも頭皮にダメージを与える行為

パーマにも注意が必要です。

 

パーマをかける際、アルカリ還元剤や
酸化液などを使用します。

 

簡単に言うとパーマとは

 

アルカリ還元剤で毛髪の繊維を切断し
好みの毛の形を作ったあと、酸化剤で
再結合させる行為になります。

 

こういった薬剤も頭皮に非常に刺激が強い
成分を含み頭皮にダメージを与えます。

 

また切断された毛髪の繊維が
完全に再結合されるわけではないので
毛髪にもダメージが残ります。

 

パーマは頭皮にも毛髪にも強いダメージを
与える行為になりますので、
薄毛の方にはおすすめしません。

 

 

 管理人の経験上、頭皮ケアに最も有効なシャンプーはこちら

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら