一時的脱毛と進行脱毛の判断

一時的な脱毛と進行する脱毛の判断

 

薄毛や脱毛のに対してここでは
一時的な脱毛と、進行していく脱毛
分けて考えてみます。

 

薄毛や脱毛の改善に関しても
それらを知っておくことで
育毛剤の効果、

 

あるいは改善にかかる期間も
変わってくるのではなでしょうか。

 

一時的な脱毛と進行していく脱毛

 

当サイトでも様々な情報を取り上げて
いますが、そもそも毛髪は必ず抜けますし
その量も季節や体調で変化します。

 

シャンプーやブラッシング、物理的に
引っ張っても抜けるでしょう。

 

またストレスや過労、薬の副作用、
加齢など様々な脱毛理由が
考えられます。

 

特に歳を取れば、多くの人は
髪のボリュームがなくなったり
髪の毛が細くなったりもします。

 

問題視され、多くの方が悩むのが
ある年代から毛髪が十分に成長しない内に
細くて短い状態で抜けてしまい、

 

頭頂部や前頭部の毛髪が薄く
なってしまう症状の男性型脱毛症
ですね。

 

ここで進行する脱毛症と言えるのは
加齢による脱毛と、男性型脱毛症
です。

 

加齢のよる薄毛も、年齢を重ねる内に
緩やかにでも薄毛が進行することを
踏まえると進行性と言えます。

 

一方、一時的な脱毛と言えるのは
ストレス、頭皮トラブル、血流障害、
生活の乱れや体調不良から来るもの、

 

病気や薬の影響などから来るものは
一時的な脱毛症と言えます。

 

トラブルや脱毛原因を取り除けば
改善の見込みがあるからです。

 

もちろん場合によっては一時的なものが
進行性になることもありますので
いずれも適切な対応が必要ですね。

 

中には円形脱毛症などの
自己免疫異常から来るものや、細菌性など
中には治療を要するものもあります。

 

これら専門医による適切な治療を
受けていただく必要のあるものも
ありますが、

 

脱毛が進行性か一時的なものかの
区別は、毛髪を今より良い状態にして
改善していくためには必要なことです。

 

目安ですが、進行性の脱毛と
一時的な脱毛の区分けをしてみます。

 

進行性の脱毛症

・加齢による薄毛や抜け毛
・男性型脱毛症(AGA)

 

一時的な脱毛症

・ストレスによるもの
・偏った生活、過度のダイエット等に
 よるもの
 (それによる血流障害によって)
・甲状腺異常や鉄欠乏症などによる
 貧血によるもの
 (病が原因)
・抗癌剤やインターフェロンなどの
 薬物によるもの
・粃糠(ひこう)性や脂漏性からくる
 脱毛症(そこからくる皮膚炎)
・円形脱毛症
 (治療を要するものもありますが
 一時的なところに入れておきます)

 

 

 管理人の経験上、頭皮環境を整えるのに良い育毛剤はこちら